内科・呼吸器科・消化器内科・循環器科・外科・整形外科・リハビリテーション科・眼科

愛媛県今治市室屋町3丁目2-10

お電話でのお問合せはこちらから
TEL: 0898-22-0468

クリニック案内

A.当院は厚生局に再生医療等提供計画「多血小板血漿(PRP)による変形性膝関節症治療」(第二種)を提出し、2019年12月10日付で受理された医療機関です。

本治療は、厚生労働局に受理された施設と医師のみ治療可能な治療法で、当院は愛媛県内で初めて変形性膝関節症に対しPRP治療を実施することが認可された施設となりました。

厚生労働省のHPに認可された施設が掲載されています。(掲載されていない施設は届出がなくても出来るPRP(PFC)-FDが使われています)

アクセス

  • 電車
    JR今治駅より徒歩15分。
  • バス
    本町バス停より徒歩2分。

医院名
医療法人補天会 光生病院
理事長・院長
石丸 雅巳
所在地
〒794-0022
愛媛県今治市室屋町3丁目2-10
診療科目
内科・呼吸器科・消化器内科・循環器科・外科・整形外科・リハビリテーション科・眼科
関連施設
  • 介護老人保健施設おおにし光生園
  • 高齢者総合福祉施設 大島シーサイド
電話番号
0898-22-0468

インターネットによる初診受付システムを導入しております。

こちらにアクセスし、画面の指示に従ってご予約ください。

携帯電話からのご利用も可能です。

Q&A

PRPとPFC-FD(血小板由来因子濃縮物)との違いはなんですか?

PRPとPFC-FD(血小板由来因子濃縮物)との違いはなんですか?

当院は厚生労働大臣に[再生医療等提供計画「多血小板血漿(PRP)による変形性膝関節症治療」(第2種)]を提出し、2019年12月10日付で受理(提供計画番号PB6190006)された医療機関です。

PFC-FDは患者様の血液をフリーズドライ(凍結乾燥)化し、注射する際に水で薄めて投与を行います。

PFC-FDに関しては、厚生労働省が定める再生医療に該当せず、厚生労働省に届出がなくても行える治療です。

PRPとPFC-FDどちらが優れているかまだはっきりとわかっておりません、当院ではより多くの患者様の為にエビデンスが多く、治療効果が明確かつ安全性が担保されたPRPを採用しました。

患者さんの費用負担について

本治療は自由診療※となり、健康保険が適用にならず、全額自己負担になる治療で本来健康保険が適用される治療も含め、すべて全額自己負担となります。施術費用は下記の通りとなります。
PRP変形性膝関節症治療(180,000円(特別期間中 150,000円))
(当院での治療費用。採血及び投与3回分の費用を含む。)
・各医療機関、使用器具などによって異なりますが、1回10万円、3回が標準的な治療回数とされています。
当院では1回の採血で3回分の投与を行う手法で、上記費用にて実施しております。
治療間隔については症状を見ながら、3回終了後、半年~一年間の経過観察を行い再度治療の適応があるか判断致します。

・治療同意後、採血を実施した際に全ての費用を頂戴いたします。
・採血実施後、患者様の都合又は患者様に起因する原因により治療が中止となった場合、費用の返金は出来ません。

治療内容により費用が変動致します。施術する前に詳細な説明を致しますので、ご納得いただいた上で施術いただきますようお願い申し上げます。
※自由診療とは保険が適用されない診療のことを言います。
厚生労働省が承認していない治療や薬を使用すると自由診療となり、治療費が全額自己負担となります。